• Koubun Kojima

素材の味を活かした 心奪われる旨さ『意外和食「ぴんち」』YS−vol.31.2018

半世紀、国分町で和食を極めた相沢親方。

ダジャレを振りまくユーモアさ。

能ある鷹は爪を隠すとは、まさにこの方。

深い愛情が表情からにじみ出る。

気配り、目配りはもちろんの事、

常に人と食材に真摯に向き合って来たからこそ、

確かな技術が土台となっている。

くされ親父こと、相沢親方の魅力に迫ります!

129回の閲覧0件のコメント