Please reload

街中のアーケードから路地に入ると

そこに和モダンな雰囲気のお店

本格蕎麦が楽しめる十割蕎麦の『 古拙 』がある。

 

 

優しい風合いの引き戸を開け店に入ると

すぐに2階へと通してくれた。

 

店内は、掘りごたつで

ゆったりのんびりお蕎麦を楽しめそうだ。

 

本日は宵の梅コースをいただく。(※取材当時のコース内容です。ご了承ください。)

まずはいつも通り、ビールで乾杯。宴の始まりだ。

 

前菜3品はお蕎麦のオリジナル創作料理がキラリと光る。

【鴨セリのおやき】は、

濃いめの味の鴨にセリの歯ごたえが良くそばの風味香る生地とマッチしている。

セリ鍋をイメージさせるおやきは、宮城の名物となりそうだ。

                

お初にお目にかかった【蕎麦寿司】は見た目も可愛らしく、

酢飯に似たさっぱりした味わい。

 

【蕎麦豆腐のウニいくらのせ】は、いくらのプチプチ感と

豆腐のなめらかな舌触りが口の中に広がっておもしろい。

 

 

薄味ではあるものの、ドレッシングの役割である

アボカドの濃厚さが細い蕎麦に絡んだ【蕎麦サラダ】。

蕎麦は細いながらもしっかりとした歯ごたえだ。

 

しょうがの効いたとろとろのつみれ入り【さんまのつみれ汁(蕎麦の実入り)】は、

みそ味のお汁が体をあっためてくれる。たっぷりの蕎麦の実はまるで雑炊のよう。

満を持して【ざるそば】の登場。

お皿には2種類の蕎麦が盛られている。

なんでも季節ごとにその時一番香りや風味の良いそばを使っているそう。

そばの味を最大限に楽しむために余計なものはいらない。

薬味はわさびのみ。

 

「 あまい! 」

 

香り高くうまみも凝縮されている。

一般的に言われている十割蕎麦のぼそぼそ感は全くなく

極細蕎麦の歯ごたえも、スルッとした喉越しもすごく良い。

 

【蕎麦湯】は白濁でどろっとしていて

そばを余すところなく味わい尽くせる。

かなりの満足感だ!

そして最後のデザートは【あんこおやき】【そば茶】。

しっとりとした粒餡は程よい甘さで、思った以上に

軽く食べられる美味しさ。

キレイな黄緑色のそば茶は最後までそばの美味しさを感じさせてくれるのである。

季節によってメニューも変わるという。

次々に打ち出される創作料理に目が離せない。

 

今度は蕎麦好きのあの人を連れてこよう。

きっと美味しいと喜んでくれるに違いない。

■SHOP DATA

【店名】古拙

【営業時間】

 ・平日/土:・ランチ 11:00~17:00

        ・ディナー 17:00~23:00 (L.O.22:00)

 ・日/祝: ・ランチ 11:00~17:00

  ※いづれも蕎麦が終わり次第、終了。

【定休日】無休(1月1日のみ休み)

【TEL】022-721-2630

【住所】宮城県仙台市青葉区国分町1-6-3 

月刊飲食人

Tel: 022-399-9321  (ゾウケイ社内)

info@zo-k.co.jp

    Copyright © I【  INSYOKU-JIN  】 ATERUI PLANNING inc. All Rights Reserved.