Please reload

「 うどん店なのか、はたまた居酒屋なのか 」

どうしても気になって仕方がない。

 

小洒落た店内は、うどん店というよりは、上品な居酒屋といったほうがしっくりくる。

カウンターではすでに常連さんが思い思いにお酒を楽しんでいる。

 

SAKEというだけあって、お酒の種類も地酒、ワイン、ビールと幅広い。

そして、当然、どのお酒にも合う料理が用意されている。

 

さっそく店員さんおススメのワインを頂くことにする。

ソガ・ペール・エ・フィス オーディネール シャルドネ フュ・ド・シェーヌ(880円)。

さっぱりした口あたりながらもコクがあり、飲みごたえのあるワインだ。美味しい。

ワインに合う料理をと、メニューをめくると、

なんと!ウリは青森シャモロック!

 

まずは【 ササミのエスカベッシュ(480円) 】を注文する。

エスカベッシュ?食してみると、なるほど、南蛮漬けのような味わいだ。

これぞ青森シャモロック、非常に歯ごたえの良いお肉で、

この引き締まった肉感がたまらない。マーマレードのやさしい甘みが

酸味をまろやかにしてくれる。

 

まだまだ青森シャモロックを食べたい欲求はとまらない。

次は、【セリ鍋(1人前・980円)】をオーダーする。

運ばれてきたお鍋は手のひらサイズで、一人鍋にもちょうどいい。

さあ、熱々のうちに味わい尽くそう!シャモロックのこの弾力が好きだ。

薄めの味付けだからこそ、濃厚な鶏ダシの旨みを十分に感じられる。

鶏に一切の臭みはなく、だからこそ和にも洋にも合うのだろう。

次は、【初鰹のタタキ デコポンソース(880円)】

ほのかに香る柑橘系のさわやかな酸味。

季節を感じられるメニューもまた魅力のひとつだ。

さて、いよいよ、主役のうどんの登場である。

 

数種類あるうどんメニューの中から迷った挙句

【濃厚鶏ダシうどん(750円)】をチョイス。

旨みが凝縮されたこの鶏ダシにピッタリ合ううどんを、

試行錯誤の末に完成させたと聞き、期待がぐんと高まる。

天然素材ににこだわった手打ちうどんとは、いかなるものか?

もう待ちきれない!

「 お待たせしました! 」の声に勢いよく振り向くと、

そこには、でっかいかしわ天がドーンと乗ったうどんが!

おぉー、美味しそう!まずは、かしわ天をがぶり。

しっとりやわらかな仕上がり。これが鶏の胸肉とはとても思えない。

ここにも丁寧な仕事ぶりがうかがえる。

 

そして、ついにこの時がきた。うどんに箸を伸ばす。

日頃食べているうどんと比べるとやや細めの麺は、

どろっとした白濁濃厚のつゆとよくからむ。

まるで、つゆと麺を同時にすすっているような感覚だ。

ちょこんと盛り付けられた梅干しの酸味が食欲を掻き立て、

コクがあるがしつこくないので、一気にズルズルっと食す。

食べ終えてしまうのが惜しいほどの後味の旨さ。

見た目以上のボリュームに満足すること間違いなし!

 

うどんの旨さをさらに堪能すべく、今度は、焼きうどんで

【すき焼き風 三又うどん2(980円)】を頼んでみた。

某番組の企画商品らしく、メディアからの注目度が高いことも分かる。

白菜たっぷりの甘辛いうどんを、卵にくぐらせて、これはまさにすき焼き!

うどんが急に贅沢な料理に変身したようだ。

より一層うどんのコシを感じたい方にはこちらがおススメ。

 

お酒のシメとして、まさかうどんを食べる日が来ようとは!

ラーメンしか選択肢になかった視野の狭さを反省しきりなのである。

■SHOP DATA

【店名】SAKE UDON 善知鳥

【営業時間】

 月曜~金曜 Lunch/11:30から13:30  

      Dinner/16:00からLast
 土曜 Dinner/16:00からLast

【定休日】日曜・祝日

【TEL】022-399-7655

【住所】仙台市青葉区上杉1-13-15シャルム堤通101

月刊飲食人

Tel: 022-399-9321  (ゾウケイ社内)

info@zo-k.co.jp

    Copyright © I【  INSYOKU-JIN  】 ATERUI PLANNING inc. All Rights Reserved.