Please reload

 2017年7月、青葉区北目町にランチとスイーツを楽しめる

『綴cafe(つづりカフェ)』がオープン。

 素敵な店名だなと思ってロゴマークに目をやるとこれまた可愛い。

聞けば、綴cafeロゴマークには10個以上の意味

が込められているそう。たとえば、ロゴマー

クの「○」の位置を点字に見立てると

「けふ」と読め、「けふ」=「今日」なり、

今日という一日一日を皆と綴っていきたいと

の願いが込められている。なんと奥深い。

店内は広々としていて、茶色のテーブルと

白い壁とがナチュラルな雰囲気を作り出して

いる。心が休まるゆったりとした時間を過ご

せそうだ。物販スペースも設けてあり、

「蔵王咲き茶」や「仙台弁こけしグッズ」

など地元宮城の魅力的な商品を販売している。

 ランチプレート(スープ付)は972円。ワンプレートにお洒落に盛り付けられていて、

華やかな見た目にテンションがグッと上がる。すぐさまケータイを取り出してパシャリ。

具だくさんのコンソメスープは優しい味わい。メインのスパイシーグリルチキンはひと口では食べきれない大きさで、食べ応えバツグン!その他にも、ぶたじゃが、ちぢみほうれん草と竹輪の炒め煮、カラフル人参と金柑のラペ、グリーンサラダ(キンカンのドレッシング)と手の込んだ野菜中心のヘルシーメニューがずらりと並ぶ。

 サラダの野菜は大きくカットされており、味や香りが強く感じられる。

日頃の野菜不足を補うには十分だろう。

 オリジナルスパイスのチキンカレープレート(スープ付)スクランブルエッグのせは972円(バターライスを白米に変更可)。たっぷりのトロトロ玉ねぎの甘みを感じるカレーは、

さらさらとした口当たりでボリュームはあるが、女性でもサラッと食べられる。

 やはり食後のデザートも外せない。綴のミルクレープ(540円)をオーダー。やや厚みのある生地はもっちりとしていて素朴な味わい。添えられた動物型のクッキーがとってもキュート。

 ハーブティー(486円)は、蔵王にある「ざおうハーブ」さんのドライハーブティーを使用しているとのこと。今回はミントとカモミールをチョイス。カモミールティーの甘い香りが心地よい。

 ポットのなかに咲いた小花が実に可愛らしい。ミントティーもすっきり爽やかでリラックス効果大。ティーポットにたっぷり入っておりカップで2~3杯は楽しめる。 

 店員さんも最初から最後まで柔和な笑顔で優しく、ほんわかしていて癒される。時間の許すかぎりのんびりしていたい。温もりのあるこのカフェにたくさんの人が集い、素敵な日々がこれからもずっと綴られていくだろう。

■SHOP DATA
【店名】  綴café・つづりカフェ
【営業時間】ランチタイム 11:30〜14:30
           カフェタイム 14:00〜18:00

【定休日】 日曜・祝日  
【TEL】              022-393-7888
【住所】          仙台市青葉区北目町4-7 HSGビル 1階
【公式HP】     http://tsuzuri.jp
               

月刊飲食人

Tel: 022-399-9321  (ゾウケイ社内)

info@zo-k.co.jp

    Copyright © I【  INSYOKU-JIN  】 ATERUI PLANNING inc. All Rights Reserved.