Please reload

青葉区立町にある『鮨 よねくら』は、

今年で開店5年目の予約の取れない人気店。

高校卒業後、鮨屋や和食店で15年の修業を積んだ親方の米倉氏が握る寿司は

安くて旨いと評判だ。

より多くのお客様に喜んでいただきたいとの

想いから、価格は抑えめにと決めていたそう。

そのため、メニュー表には

安心価格が明記され心置きなく注文できる。

お通しは、フグの白子と卵豆腐ジュンサイ添え。

旬の食材がお通しで出るとテンションが高まり心が躍る。

ツルっとぷりっとした食感のジュンサイをすする。

玉子豆腐との相性がとても良い。

さっそく、盛り合わせから、桜(特上寿司12貫・3,000円)をいただくことに。

リズミカルに手際よく鮨を握る姿につい見惚れてしまう。

職人技を目の前で見られるカウンターはやはり特等席だ!

赤貝、あなご、うに、いくら、しめ鯖、こはだ、玉子、ボタンえび、

活ほっき貝、トロ、マコガレイ、金目鯛、しゃこえびと、贅沢なネタがズラリ。

眺めているだけでも幸せな気持ちになる。

ボタン海老のとろりとした甘み、金目鯛のしっとり濃厚な旨み、どれも最高だ。

特にトロは脂のノリが抜群で、口に入れた瞬間にとろけていく。

極上の旨さに頬がゆるみっぱなし。

どうやら女性にはシャリをやや小さめにして握っているようで、

その細やかな心配りに感激。

桐(上寿司9貫・巻物)2,500円は、トロ、うに、いくらなど特上に引けを取らない豪華さ。

大好きなすじこ巻きから勢い良く頂く。

他にも、梅(おまかせにぎり7貫)2,000円があり、よりリーズナブルに本格握りが楽しめるのが嬉しい。

海鮮茶碗蒸し(800円)は海老、カニ、ウニなどこだわり具材がたっぷりの

豪華な茶碗蒸し!

熱々をスプーンですくって口に運ぶ。ふんわりとろとろで抜群のなめらかさ。

ダシの香りと上品な味わいにうっとり。

海老天ぷら(3本/1000円)は、火入れ加減が絶妙で、

若干のレア感もありながらの海老の弾力もあり美味しい。

追加で、芽ネギ(1貫/200円)を注文する。ネギの風味とシャキシャキした歯ごたえ、

食べた直後からまたすぐ食べたくなる。お寿司を食べた後の満足感たるやスゴイ。

明日への活力が湧いてくる。

お客様の要望に応えるための、親方の目配り、気配り、心配りが半端ない。

お客様の声を漏らすまいと、耳と目、全神経をフルに使っている。

かといって、気難しさは微塵も無く、

逆にお客様に愛される気さくな人柄が魅力なのである。

常連のお客様とのやりとりは、もはや親戚のような距離感でなんだかうらやましい。

■SHOP DATA

【店名】   鮨 よねくら

【営業時間】 17:30~00:00

【定休日】  日・祝日

【TEL】   022-712-8508

【住所】   仙台市青葉区立町14-4

      プラスワンビル101

         

月刊飲食人

Tel: 022-399-9321  (ゾウケイ社内)

info@zo-k.co.jp

    Copyright © I【  INSYOKU-JIN  】 ATERUI PLANNING inc. All Rights Reserved.