Please reload

カジュアルに極上のワインを楽しむ

『 銀座酒場 Bouquet  』

南町通りから入った仙台銀座のなかに

ひと際お洒落なお店を発見!

 

さっそく店内に入ると、趣のあるアンティーク家具で

まとめられていて落ち着いた雰囲気。

 

「 ワインに詳しくないから 」なんて心配ご無用。

なぜならワイン愛に溢れた女性ソムリエがいるから。

初心者でも分かるように、具体的かつやさしく

ワインの魅力を教えてくれる。

それはワインメニューにもはっきりと表れていて、

ワイン選びには困らない。

白ワインは、チリのシャルドネ。パワフルで飲みごたえあり。

「 口をパッと言ってひらくとナッツの香りがしますよ。」

それを探しあてたときの喜びこそ、ワインの楽しさなのかもしれない。

 

赤ワインは、スペインのラヤ。果実味も酸味も感じるやわらかい味で

これまたお肉料理に合いそうだ。

 

 

お通しは、夏野菜のトマト煮。「 美味しい~! 」

どこまでも優しい味付けに思わず笑みがこぼれる。

 

存在感のある可愛いメニューイラストに

目と心を奪われたわたしたちは

「 ブーケ三大メニュー 」を注文することに。

 

「 激旨ブロッコリー 」このネーミング、

確かな自信を感じさせる。アンチョビの塩気と

ガーリックが効いていてピリッ。

ふだん脇役のブロッコリーが、堂々と主役級の

はたらきをしているそんな逸品である。

次に「 大きなエビのアヒージョ 」

グツグツ熱々のオイルの中には、

大ぶりのぷりっぷりのエビがごろっと6つ。

ハフハフ言いながら一口で食す。口いっぱいに

ガーリックのいい香りが広がる。「 ん~!たまらん! 」

旨みの秘密は、細かく刻んだ生ハムを一緒に煮込むこと。

一段と旨みがアップしたオリーブオイル、

今度はフランスパンをひたひたと浸し、存分に味わった。

 

これはサプライズとでも言うべきか。

いい意味で裏切られた。「 幻の仔牛のソーセージ 」。

「 はて?まぼろしとは? 」そこに現れたのは、

想像とはかけ離れた白いソーセージ。

 

 

「 なんてやわらか! 」ふんわりした口あたりに、

パセリ、クミンなどのハーブが豊かに香る。

そして、やっぱり不動の一番人気は外せない。

帝国ホテル直伝、濃密なデミグラスソースの「 タンシチュー 」。

2つの皿に分けて運ばれてくる心遣いに胸打たれるも、

さらにそのボリュームにガツンとやられた。トロトロと柔らかく

にんじん、ブロッコリー、ポテトの付け合わせの彩りも実に鮮やか。

お客様を喜ばせたいをカタチにすると

こうなるのかとずっと感心させられっぱなし。

これぞプロフェッショナルのなせる技なのだろう。

 

店の外まで笑顔で見送ってくれる姿に

わたしたちの心が感動で満たされたのは言うまでもない。

■SHOP DATA

【店名】銀座酒場 Bouquet

【営業時間】17:00〜24:00

【定休日】 日曜日・祝日日

【TEL】 022-224-0480

【住所】宮城県仙台市青葉区中央3-10-3 中央ビル1F

月刊飲食人

Tel: 022-399-9321  (ゾウケイ社内)

info@zo-k.co.jp

    Copyright © I【  INSYOKU-JIN  】 ATERUI PLANNING inc. All Rights Reserved.