月刊飲食人

Tel: 022-399-9321  (ゾウケイ社内)

info@zo-k.co.jp

    Copyright © I【  INSYOKU-JIN  】 ATERUI PLANNING inc. All Rights Reserved.

    Please reload

    石巻産の食材にこだわったイタリアンレストラン『 DA Hori-no ダ・オリーノ 』は、

    2017年7月に石巻駅から徒歩5分の現在の場所に移転。

    店名は、お店のマネージャーでもある堀野さんの名前から取ったという。

     

    階段を上り店内に入ると、食欲をそそるいい匂いがふわっと漂っている。

    お通しは冷蔵ショーケースに並んだ料理から2種を選ぶ。

    (チャージ料込み、ぶどうの皮の天然酵母自家製パンも付いて600円)

    また、全部食べたい方のために一つ200円で追加することもできる。

    トマトソースの甘みが引き立つペスカトーレ、

    程よい酸味が食欲を増進させる鱈のエスカベッシュ、

    カキのキュイソンナクレと鯵のベッカフィーコ、どれもこれも旨い。

    石巻魚介類盛り合せ(1,500円)は思わず息を呑む美しさ。

    見る者の心を魅了する盛付けは、もはや芸術作品だ。

    カラフルな生花がより一層の華やかさを演出している。

    感動の余韻に浸ること数分。

    お店のマネージャーでもあるフロア担当の堀野さんは、

    わたしたちの「お料理の説明を聞きたい!」という欲求を知ってか知らずか、

    懇切丁寧な説明をしてくれた。

    聞けば、こだわりは食材だけにとどまらず、

    取り寄せの醤油や手作りの柚子塩など調味料にまで及ぶという。

    低温調理された銀鮭は、箸で持ち上げると

    崩れそうなほどに柔らくスモークされていて良い香り。

    手作りのリコッタチーズが味に深みを出している。

    一見するとなめろうのように見えるのは、

    ウミタナゴという魚を骨ごと細かく切り刻み、

    赤玉ねぎのみじん切りとお味噌を混ぜたもの。

    玉ねぎの辛さと上に乗っている

    ゼリー状のバルサミコ酢の酸味が調和していて美味しい。

    どれも奥深い味わいでシェフのこだわりがギュッと詰まった逸品である。

    限定入荷!網どりのゴマ香る

    小野寺氏カモ肉ロースト・ペペラータ付(3,500円・ペペラータとは内臓のこと)

    ハチミツとマスタードでコーティングされた鴨のモモ肉は、

    火入れ加減が絶妙で柔らかさの中に引き締まった肉感も感じられる。

    ソースはマスタードと焼酎の意外な組み合わせで複雑な味わいを作り出している。

    本日のパスタ、鹿肉と牛肉のラグーソース(1,900円)は、

    鹿肉と牛肉の割合は8:2でミートソースのように煮込んだもの。

    お肉の旨みを閉じ込めて凝縮した濃厚なソースが

    シェフ手作りのパスタ(細長いリボン状のタリアテッレ)によく絡む。

    しっかりした味付けだが後味はしつこくない。

    すでに満腹だがなぜか箸が止まらない。

    ハーフサイズ対応可なので、是非この美味しさを体感していただきたい。

    ■SHOP DATA
    【店名】DA HORI-NO(ダ・オリーノ)
    【営業時間】lunch  11:00~14:00
          café    14:00~17:00
          dinner     17:00~23:30(LO22:30)
    【定休日】 火曜日
    【TEL】              0225-24-6541
    【住所】          宮城県石巻市中央2-8-9 橋通りcommon内
    【公式HP】    http://hori-no.com