月刊飲食人

Tel: 022-399-9321  (ゾウケイ社内)

info@zo-k.co.jp

    Copyright © I【  INSYOKU-JIN  】 ATERUI PLANNING inc. All Rights Reserved.

    Please reload

    「BARより気軽で居酒屋より和める、

    そんな大人のちょうど良い酒場」がコンセプトの『ニホン酒とブドウ酒 マタタビ』。

    一面真っ白な壁が印象的な外観は、お洒落なカフェを思わせる。

    ひと際大きな窓は店内が見える安心感を考慮し、壁を壊して作ったそう。

    その横には、お店のロゴマークのネコがちょこんと座った姿で描かれている。

    やはり、店主の高橋さんは大のネコ好きなんだそう。

     店内に入ると、ネコの影絵風イラストにハートを掴まれる。「可愛い!」

    いったい何匹いるのだろう?ついつい数えてみたくなる。

    壁に目をやると、料理メニューの表記はあるが、お酒のメニューが見当たらない。

    その理由は、お客さんとの会話を大事にしたいから。

    コミュニケーションのなかでお客さんの好みを探り、ぴったりのものを選んでくれる。

    もう何を頼めばいいかなんて心配しなくていい、一人飲み初心者に優しいお店だ。

     蔵王JapanX三枚肉の自家製ベーコングリル(880円)からいただく。

    香ばしく焼かれたベーコンは豚肉の旨みが詰まっていて、塩気と脂の甘みが絶妙。

    燻製の風味も際立っていて美味しい。

    まろやかな辛さとキレイな黄色が特徴のディジョンマスタードとの相性もいい。

    そして、驚くのはその美味しさだけではない。なんとこの手作りベーコン、恐ろしく手間がかかっているという。まず一週間ソミュール液に漬け込み、その後、4時間流水で塩抜き。

    そこからさらに約3時間ほどスモークしてようやく出来上がり。

    手間を惜しまないから、この旨さ!何ともありがたい。

     蔵王JapanXの肩ロースの自家製ハム(2枚で580円)も、これまた絶品。

    しっとり柔らかく、毎日食べたいくらいの美味しさだ。

    ベーコン同様、相当な時間をかけて手作りしている。

    一人でお店を切り盛りしている分、料理に時間を割けられないので、

    仕込みにはかなりの手間をかけているのだそう。

    その手数を想像するだけで美味しさは倍増だ。

     次に、トリッパのトマト煮込み(480円)をいただく。白みそ仕立てでまろやかな味わい。

    とろとろ柔らかく臭みは一切ない。

    丁寧な下処理がうかがえる。あと引く旨さに、たまらずお酒を追加でいただく。

    ホタルイカと新玉ネギのマリネ(480円)は、イタリアンパセリとピンクペッパーとブラックペッパーを散らして、見た目も華やかに。程よい酸味で、シャキシャキの新玉ネギとホタルイカはベストマッチ。

    外観、内装、お料理すべてにおいて、乙女心をくすぐるキラキラな仕上がり。

    SNSで発信したくなる可愛さに溢れており、女性お一人様の方も多いそう。

    可愛いネコと店主の柔らかい声に癒され、

    美味しい料理とお酒を堪能し、明日へのエネルギー、充電完了!

    ■SHOP DATA
    【店名】  ニホン酒とブドウ酒 マタタビ
    【営業時間】17:00〜25:00
    【定休日】 不定休  
    【TEL】              022-797-7783
    【住所】         仙台市青葉区一番町二丁目6―17
          内ヶ崎ビルB1F