Please reload

職人の技が光るこだわりのうなぎ

うなぎと言えば一般的に「 土用の丑の日 」に食べるものという習慣がある。高級な食材なだけに食卓に上ることはそう多くない。特別な日に奮発して食べるものだからこそ、絶対に旨いうなぎを食べたいと心底思う。創業40周年を迎えた『 うなぎ 竹亭 』さんは、昔ながらの炭火焼きにこだわったうなぎの蒲焼をはじめ、どじょう、天ぷらなどを味わえる日本料理店。凛とした店構えからして、ここは間違いない!と感じさせてくれる。店内はゆったりとしたテーブル席の他に座敷席もあり、落ち着いて食事を楽しめそうだ。心待ちにしていたうなぎを、より美味しく食べたい一心で、いつも以上にお腹を空かせてやってきた。メニューを開くと、美味しそうなうなぎが目に飛び込んできて、さらに食欲がそそられる。まずは「 伊達なうなぎまぶし定食(3,500円税込) 」。

一口サイズに小さく切られたうなぎが整然と並んでいる。こちらのメニュー、4段階の楽しみ方があるそうで、そのまま、薬味、お茶漬け、最後は「仙台元気魂みそ」を載せて味わう。うなぎそのものをじっくり味わいたい気持ちが勝り、ギリギリまでそのまま食し、順を追って味の変化を楽しみ、最後はやはりお茶漬けでさらさらと流し込む。最後に加える味噌のコクがたまらない。

​伊達なうなぎまぶし定食

うなぎの旨さを最大限に引き出す

天ぷらもうなぎも食べたい欲張りさんには、どちらも一度に楽しめる「 伊達なあいのり丼(2,500円税込) 」がおススメだ。きも吸い、お新香、小鉢、フルーツも付いている。

どんぶりからはみ出た天ぷらを見て興奮する。ふたを開けるときのこのワクワク感がたまらない。開けてビックリ!期待以上のボリュームで思わず「 おぉ! 」と声が出てしまう。良い色に焼き上がったうなぎがドンと1枚、海老や茄子などの天ぷら5種類。まずはうなぎから頂くことにする。しっとりなめらかな舌ざわりで、とろっとしたやわらかさ。小骨など微塵も感じないし、皮のかたさも全く感じない。身と皮が分離することなく、一度に食べられる。

伊達なあいのり丼​

熱々のご飯と一緒にほお張れば、うなぎはほろっとほどけ、即座にごはん、うなぎ、たれが一体化する。ごくたまにしか食べることのないご馳走を目の前にして、ゆっくり味わうことなど忘れてしまっていた。次々に口に運んでは「 旨い! 」と発し、口の中が空っぽになる前に、次のひと口を運ぶ。食べるスピードは加速する一方だ。「 あぁ、なんという至福のひと時なのだろう! 」甘さ控えめのたれだからこそ、最後まで飽きずに食べ進められる。あっという間に一粒残らず完食する。おそらく自分史上最速のスピードでうなぎを食べたであろう。パンパンに膨れたお腹をさすりながら、しばし旨さの余韻に浸る。

進化し続ける美味しさ

新メニュー「 伊達なうなコラ雑炊(2,000円税込) 」はその名のとおり、うなぎとコラーゲンの雑炊だ。鰻、鶏、スッポンの最強コラーゲンスープをたっぷり味わえる。内心、うなぎを雑炊にしてしまうのは何だかもったいない気もしつつ、土鍋のふたを開けると湯気の中から現れたのは、一面に広がるふんわりたまご。そっとすくって、ハフハフ言いながら食べる。熱さと旨さが胃にしみわたっていく。想像通りのどこまでもやさしい味わいで、疲れた胃腸を労わるにはもってこいのメニュー。雑炊といえど、濃いめに味付けされたうなぎがしっかり存在感を放っている。うなぎの美味しさを最大限に引き出している。うなぎの新しい味わい方を知った。「 最後のひと口まで美味しく食べてもらいたい 」その想いがぎゅうっと詰まった、誰にも真似できない「 味 」。限界を決めずに常にもっと美味しいものを追及している。どこまで美味しくなっていくのか!まだまだ進化は止まらない。

​伊達なうなコラ雑炊

■SHOP DATA
〈竹亭本店(南光台)〉

【営業時間】 

   11:00〜21:00 (ラストオーダー 20:30)

【定休日】毎週木曜定休日

    (祝祭日の場合は営業、翌日振替休業)

【TEL】022-252-5030

【住所】 仙台市泉区南光台東1-53-22

〈竹亭中山店〉

【営業時間】 

   11:00〜21:00 (ラストオーダー 20:30)

【定休日】毎週火曜定休日

    (祭日の場合は営業、翌日振替休業)

【TEL】 022-739-7878

【住所】 仙台市泉区実沢字中山北18-138

月刊飲食人

Tel: 022-399-9321  (ゾウケイ社内)

info@zo-k.co.jp

    Copyright © I【  INSYOKU-JIN  】 ATERUI PLANNING inc. All Rights Reserved.