Please reload

本日訪れたのは山形出身の店主が腕を振るう

居酒屋で、「ミシュランガイド宮城2017特別版」に

掲載された有名店だ。期待で胸が高鳴る。

 

お通しはだしの効いた醤油味の「 芋煮 」。

肉厚のブナカノカという白いキノコが珍しい。

これに合うお酒をお願いすると、スッと

「 磐城壽 純米酒 」が熱燗で出てきた。

だしを口に含みながらお酒をくいっと飲む。

「 これは合うねー! 」自然と顔がほころぶ。

やさしい味わいのお酒で非常に飲みやすい。

繊細なだしの味を消すことなく、むしろ

食材の旨さを引き立ててくれている。

ちょっとつまめるようにと出してくれた

仲秋から楽しめる“雪音”という枝豆は

実に豆らしい豆で、芳醇な香りが特徴的だ。

どうやら山形はだだちゃ豆だけではないらしい。

お次は、名物わら炙り!

本日は「 気仙沼産のかつおのわら炙り(980円) 」

わらの煙をかつおにどんどん吸わせている手元を

じっと見つめる。目の前に運ばれてきたかつおの

パリっと焼けた皮はまるで金粉のような輝きで、

絶妙な火の入れ方はまさに職人技。塩だけでいただく。

「 ・・・!! 」あまりの旨さに言葉が出ない。

とにかくいぶし感が凄い。わらの香ばしい香りがたまらない。

皮はパリッとしているのに身は驚くほど滑らかだ。旨い。

今まで食べたことのないかつおのたたきに出逢えるとは。

この味をまた味わいにやってこよう、と心の中で誓いながら

「 特別純米酒 唯々 」を一口。深い味わいながらやわらかく、

これまた魚によく合うお酒だ。

 

シメはやっぱり「 はらこめし(980円) 」で決まり!

宮城の秋には欠かせない、はらこめしが食べられる季節を待ち望んでいた。

白いお皿に映えるキラキラと美しいイクラ。

プチッとはじけるイクラとふっくら煮たサケ、

土鍋で炊いたご飯、これぞ三位一体の旨さである。

あまりの美味しさにパクパク一気に平らげた。

一緒にいただいた「 大はまぐりのお吸い物(1,300円) 」の

特大サイズの大はまぐりに大興奮!大きくてもとてもやわらかい。

噛むほどに深い旨みが口いっぱいに広がった。

そして「 独楽蔵 燗純米 」をお燗で楽しむ。

キレも良く、食事にピッタリのお酒である。

 

最初から最後まで、

飲んで食べるをプロデュースしてくれた

店主の佐々木さんに心から感謝している。

「 楽しいお酒を飲めるというのは幸せだ! 」

この上ない満足感に包まれながら最後のひと口を飲み干した。

■SHOP DATA

【店名】酒炭肴 さゝ木

【営業時間】18:00~翌3:00

【定休日】日曜日

【TEL】022-398-8173

【住所】宮城県仙台市青葉区国分町2-1-13 

    ハイマートビル 1F

月刊飲食人

Tel: 022-399-9321  (ゾウケイ社内)

info@zo-k.co.jp

    Copyright © I【  INSYOKU-JIN  】 ATERUI PLANNING inc. All Rights Reserved.