Please reload

気軽にフレンチを楽しめる

 本格フレンチを楽しめる『フランス食堂 オ・コションブルー』は予約必至の人気店。ランチ時は多くの女性客で賑わっている。大町で3年ほど営業したのち、2009年12月に三越の隣りのビルの4階に移転。コションとはフランス語で豚の意味で、ヨーロッパでは青がラッキーの意味合いもあることに由来する。

 最優先事項は「お客様が楽しんでくれること」ということもあって仲間とワイワイ楽しむための空間づくりと豊富なメニューも魅力のひとつ。「お客様に食べたいものを食べて頂きたい」「こんな料理もあるんだと知ってもらいたい」との想いが強い。食材を見極める確かな目と、海外や東京で積んだ修行による技術と自信が、絶品料理を作り上げる。となると、色々な料理を食べてみたくなるのが人間の性。3人それぞれ別のメニューを選ぶことに。1,780円(税別)コースは、「2種のオリーブの実とシェフ特製リエット」「パン」「本日のスープ」「本日の魚or肉料理」「本日のデザート」「コーヒーor紅茶」と盛りだくさん。2,500円(税別)コースはさらに「本日の前菜」が加わる。

旬の食材を活かした豊富なメニュー

 まずは「シェフ特製リエット」をパンに付けていただく。凝縮したお肉の旨味がクセになりそうだ。「カリフラワーのスープ」はなめらかな舌ざわりであっさりとした柔らかい甘み。「トマトの冷製スープ」はトマトよりトマトを感じられる美味しさ。前菜は「本日市場より~白身魚のカルパッチョ エクストラバージンオリーヴオイル風味」をいただく。オリーブオイルの香りで新鮮なヒラメの旨みが際立つ。

 メイン料理もどれも美味しそうで迷ってしまう。「岩手県産鶏モモ肉のコンフィ シュークルート添え」は網目状の焼き目が食欲をそそる。表面の皮はカリッと香ばしく、中はしっとりジューシー。骨付近の身もほろほろ取れる。シンプルな塩味でシュークルートのさわやかな酸味ともマッチ。「志津川産銀鮭 ホタテのポワレ レンズ豆の煮込み添え アサリのプロヴァンズ風ソース(+100円)」は大きな切り身が存在感を放っている。こんがり焼けた鮭の皮とふんわりふっくらの身にアサリの旨みソースを絡めれば美味しさがさらに膨らむ。「JAPANX豚の3種の調理法盛り合わせ(+300円)」の圧倒的なボリュームに驚きを隠せない。これはワインにピッタリの逸品。一品一品かなりの量で、みんなでシェアして食べるにもちょうどいい。

 最後はデザート。「トマトのコンポート グラニテ添え」「ココナツのブランマンジェ メロンのソルベ」「名古屋コーチン自然卵のバニラアイスとキャラメルアイスの盛り合わせ」をそれぞれ楽しむ。贅沢なランチのわりにリーズナブルなため、リピート客が多いのもうなずける。他にも、シェフ厳選食材で提供されるシェフおまかせコース(5,000円税別)や、誕生日や記念日などにおススメのシェフスペシャルコース7,000円~がある。

フレンチにかける熱い想い

 かつてスイスで働きながらフランスで食べ歩きをして料理の腕に磨きをかけた。あえて海外に身を置くことで甘えが通じない環境を自ら作り出したというオーナーシェフの橘氏。自分が今いる位置を客観的に見つめることで目標までの道のりが明確になる。「自分の目標に到達するためにはどこで、誰のもとで、修行するかが大事。」これは何も飲食業界に限ったことではないだろう。

 華やかなイメージのフレンチだが「オレのフレンチは茶色」と笑って話してくれた。「バターがいちばん良い香りになる時があってそれでお肉を焼いたりすると最高に美味しい。その加減、タイミングを大事にしている。」なるほど、香りが美味しさのポイントなのだ。またジビエにもシーズンがあり11月~3月上旬がその時期にあたるのだという。料理を通して季節を感じてもらうために旬のものを提供している。

 「万能つゆを作ってほしい」とお願いされた時などにふと思い出すのは、おばあさんやお母さんの手料理だそう。そうめんのつゆでさえもかつお節を削ってダシをとっていたあの頃は本当に美味しいものにあふれていたと懐かしむ橘氏。美味しい料理で喜んでもらうために手間を惜しまない。それが料理の原点なのだろう。

          ■SHOP DATA

【店名】  フランス食堂 

                                 オ・コションブルー

【営業時間】

 月~土、祝前日: 11:30~15:30 (L.O. 14:30 )

          17:30~23:00 (L.O. 22:00 )

 日、祝日   : 11:30~15:30 (L.O. 14:30 )

          17:30~22:00 (L.O. 21:00 )

【定休日】     不定休

【TEL】              022-224-3586

【住所】          仙台市青葉区一番町4-5-26

                               1が4ビル4F

月刊飲食人

Tel: 022-399-9321  (ゾウケイ社内)

info@zo-k.co.jp

    Copyright © I【  INSYOKU-JIN  】 ATERUI PLANNING inc. All Rights Reserved.