Please reload

名物は藁焼きということで、迷うことなく

「戻りカツオの藁焼きハーフ(1,280円)」を注文。

親指ほどの厚みのカツオは食べ応えあり。

これぞ男の料理、豪快だ。

 

そして、なんといっても、お料理を

運んでくれる店員さんの底抜けの明るさが最高だ。

思わずつられて笑ってしまう。

勾当台公園駅より徒歩3分、

藁焼きが名物の『伊達な居酒屋 赤猿』へやってきた。

 

店名の『赤猿』にはお酒の神様という意味もあるという。

これほど居酒屋にピッタリの名前があるだろうか。

店内は落ち着いた雰囲気で、カウンター席、テーブル席、

奥には趣のあるお座敷の個室もありゆったりと寛げそうだ。

さっそくカウンターに陣取り、

可愛いお猿さんが描かれたグラスで乾杯。

お通しの海鮮ユッケの程よい甘辛さがお酒に合う。

お次はカウンターに並んだおばんざいから、なすの揚げびたし(650円)をいただく。

とても落ち着く味でダシがしみしみで美味しい。

何やらお隣の席が賑わっている。

赤猿名物!日本酒を使った美酒鍋(1人前1280円/2人前~)が運ばれてきたようだ。なんと、このお鍋、水を一滴も使わず、日本酒100%だというから驚きだ!

 

店員さんがお鍋に着火するやいなや、一気に大きな炎が上がる。

「キャー! 」天井まで届きそうな炎に思わず声が出る。

これでアルコール分をしっかり飛ばすので、お酒が苦手な方も問題なく美味しく

いただける。

「赤猿サラダ(ハーフ500円/フル850円)」は、

胡麻ドレッシングに納豆という斬新な組み合わせが面白い。

他にも「モッツァレラチーズと32度豚の運命の出逢い(1280円)」や

「男のロマンちゃーしゅー(ハーフ980円/フル1,580円)」など、ネーミングがユニークな

お料理がメニューブックにズラリと並ぶ。自由な発想でオリジナルメニューを

創り上げているのがよく分かる。

『自分が行って楽しいお店を作りたい』と語るのは社長の大森さん。

働いているスタッフが、自身の休日に飲みに来るというから、

お店づくりは理想どおりに運んでいるといえるだろう。

 

このお店を愛してやまないスタッフ全員が一丸となって、

お客様を楽しませるために最高のパフォーマンスをしている。

働いている人が自ら楽しんでいるからこそ、このハッピーな雰囲気が店全体に広がり、

それがお客さんにも伝わっていくのだろう。

 

マニュアル一辺倒の接客ではない、いい意味でフリースタイルの接客が心地いい。

 

毎日通っても飽きないお店であることは、言うに及ばない。

■SHOP DATA

【店名】伊達前酒場 赤猿

【営業時間】月~木、日、祝日: 17:00~翌2:00

        (料理L.O. 翌1:00 ドリンクL.O. 翌1:30)

           金、土、祝前日: 17:00~翌5:00

        (料理L.O. 翌4:00 ドリンクL.O. 翌4:30)

【TEL】022-398-3483

【住所】宮城県仙台市青葉区国分町2-3-20 2F

【公式HP】https://akazaru0301.owst.jp

月刊飲食人

Tel: 022-399-9321  (ゾウケイ社内)

info@zo-k.co.jp

    Copyright © I【  INSYOKU-JIN  】 ATERUI PLANNING inc. All Rights Reserved.