Please reload

勾当台公園駅から徒歩3分、国分町にある『鮨 和こう』は

お寿司ひと筋24年の親方が今年2月にオープンしたお店。

市場から直接仕入れた新鮮な魚介類を提供してくれる。

白を基調とした店内は、

木の質感や温かみを感じられる落ち着いた雰囲気。

和風ながらもモダンさもあり清潔感にあふれている。

L字型のカウンターに座ると独特の緊張感が走るも、

親方の明るいトークと人懐っこい笑顔に徐々に気持ちがほぐれていくのを感じる。

職人=無口というイメージは見事に覆され、親方の飾らない人柄に魅かれていく。

今宵は親方のおまかせコースをいただくことに。

 

まずは「お刺身」から。

中トロは程よい脂の甘みがじんわりと旨い。昆布締めして旨みが増したヒラメで

ウニを巻く。ウニの甘みがふわ~っと口いっぱいに広がる。

「タラの白子」はポン酢でいただく。やさしくトロっととろけていく食感と

クリーミーで濃厚な旨みが最高だ。

さぁ、お次は、主役のお寿司である。

 

お寿司を握る親方の姿は真剣そのもの。

柔らかくしなやかな手付きに

目は釘付けだ。

大トロ、ボイル車えびに続き、ほたて、サバと続く。

差し出されたお寿司はもはや芸術品。

その美しさを素早く目で味わった後、

大トロを口に運ぶ。

舌の上でスッと溶けていく脂と濃厚な旨み。最高だ。

それもそのはず、この大トロは、スジとスジの間を剥がして身だけを取り出す

“はがし”という丁寧かつ贅沢な切り方を

しているのだから。まさに贅沢の極み。

 

自家製の煮切り醤油も美味しさをさらに引き立てている。

お寿司のサイズ感といい、ネタとシャリの調和といい、熟練の技が凝縮した

こだわりの逸品である。

そして、お次は赤貝。

切り目を入れたら、まな板に叩きつける。

こうすると身がキュッとしまって

歯ごたえ抜群に!このコリコリとした

食感がたまらない。

 

サッと炙ったイカには、さらにウニを乗せていただく。

淡白なイカにウニのとろっとした甘みがよく合う。

最初から最後まで一切の妥協無し。

旨いお寿司を心ゆくまで堪能し幸せだ。

こだわりの詰まった最高の空間で

至福のひと時を過ごせたことに心から感謝する。

■SHOP DATA

【店名】鮨 和こう

【営業時間】17:30〜0:30 

【定休日】不定休

【TEL】  022-393-6808

【住所】宮城県仙台市青葉区

    国分町2丁目12−5凱旋門ビル1F

【公式HP】http://sushi-wakou.com

月刊飲食人

Tel: 022-399-9321  (ゾウケイ社内)

info@zo-k.co.jp

    Copyright © I【  INSYOKU-JIN  】 ATERUI PLANNING inc. All Rights Reserved.