Please reload

看板_アナログガーデン.png

国分町入ってすぐの瀬戸勝ビル1F奥の奥に

『 洋式「旨」居酒屋・アナログガーデン 』はある。

奥の奥とはいえ、ビルの入り口にはパッと目を引く真っ赤な山が描かれたポスターが通行人の目を引く。心の赴くままに奥の奥へ進むと、お目当ての店にたどり着く。

ちょっとした隠れ家的な雰囲気が素敵だ。

入口に敷いてあるマットには、ブランド感を漂わせた「AG」のロゴマーク。

入店前からすでにカッコ良さ全開!

奥の奥のテーブル席に案内され、今度は壁に飾られている絵を見て「カッコイイね!」連発。はたして今日は何回「カッコイイ」と言うのだろう。

さっそくビールを注文する。お通しの「豚モモのハム」は、バルサミコ酢とオリーブオイルであっさりハムをインパクトのある味に仕上げている。うすはりグラスに注がれたビールはいつもに増してウマい。

ひと口飲んで落ち着いたところでメニュー表を開く。「和食?あれ、洋食??」と思うのも無理はない。お刺身や串焼きもありながら、トマト煮込みやハンバーグもあるのだから。

これが、本気の「旨い」を追求した、洋式居酒屋のカタチなのだ。

「ジャコチーズ(500円)」は、ちりめんじゃことクリームチーズの和え物で、クラッカーに乗せてパクリといただく。しっかりした濃い味付けで、これをちょびちょびつまみながらワイン数杯は軽くイケる。

③53385678_906563649674599_34524115485201
52884292_796289780753498_295629439578092
④52351506_693944494335561_35118596855127

揚げたての「名物!!ロースとんかつ(1,380円)」は油の良い香り。

かなりのボリューム感でがっつりランチを思わせる。

サクッとした衣といい、お肉の火の通し具合といい、専門店のクオリティ。身は固くなることなくしっとり柔らかく揚げられていて、肉の脂がじゅわっと口に広がり旨い。お肉の旨みを最大限に引き出している逸品だ。

⑤52911804_412928042809359_64511395339907

すっきり爽やかな「自家製柚子ハチミツサワー(550円)」の入ったグラスをよく見ると、ある歌の詞が書いてある。懐かしい歌詞に話がはずみ、場が盛り上がる。ありそうでなかったこのアイディアにアラフォー女子は感心しきり。

サワーとともにいただくのは「ツナとトマトのおつまみピザ(720円)」。

カリッとした薄い生地に、チーズとプチトマトとツナがいいバランスで盛られている。

口の中に入れたときに非常に一体感のあるピザ。

⑦52922882_345014702781312_72577260599430
⑥52759650_2251336588471480_8829518192872

まだ食事の途中ではあるが、デザートの「ティラミス(400円)」が気になって仕方が無いので食べてみることに。「わぁ!抹茶なのね!」抹茶好きの私にとってこれは嬉しい想定外。ひと口すくってみると、とろ~りやわらかいクリームチーズがスプーンからこぼれる。こんなにトロトロのやわらかいクリームは初めてで、まわりも驚くスピードで一気に完食してしまった。

⑧53070218_1244953932329487_2350057485617

他にも「いわしの西京味噌漬け焼き(1尾400円)」や「イカのトマト煮込み(680円)」も頂いたが、どれも想像以上の美味しさだった。

次回は、中毒者続出だという豚肉100%の柔らかハンバーグ「100トン・ハンバーグ(1,300円)をぜひとも食べたい。

⑨52908648_417502412336339_15657751629204
⑩52926894_842615826130306_56948207598100
52690348_153755425540662_415399911206630
■SHOP DATA
【店名】  洋式「旨」居酒屋 アナログガーデン
営業時間】月~土 18:00~05:00  (L.O.  02:00)
           日曜  18:00~02:00  (L.O.  01:00)

【定休日】 無休
【TEL】              022-721-2688
【住所】          仙台市青葉区国分町2-1-12 瀬戸勝ビル1F